利用する理由

避妊の為だけではないピル

経口避妊薬は主に避妊に用いられる女性ホルモン剤で日本では、一般的にピルと呼ばれています。 女性の生殖機能は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの、2つが含まれているのですが これによって排卵抑制し避妊します。 避妊以外にも、生理周期の変更や子宮内膜症の治療などにも用いられています。 私も多嚢胞性卵巣という病気になったので、きちんと生理を起こすことと 将来的に妊娠できる体を作るためにもピルを服用していました。 今は治療用ピルとして中用量・低用量のものも認可され、保険適用のものもあるみたいです。 私ははじめは治療用低用量のものを使用していましたが、しばらくすると症状が元に戻ってしまったために 避妊用として使用されている中用量のものを使用することになりました。 ピルにも自分に合うもの、合わないものがあるので 見つかるまでは少ししんどく感じるかもしれません。

副作用とメリット・デメリット

服用を開始してしばらくの間は、吐き気や不正性器出血などの副作用があったりしますが、 2.3周期ほどでほとんどが治まるようです。 しかし喫煙習慣のある人は気を付けてください。 喫煙量と年齢にもよりますが、血栓症や心筋梗塞にかかる危険性が高まる恐れがあるので、ピルを服用したいのであれば禁煙することが望ましいでしょう。 低用量のものでは、報告も少なくなってきているようですが 稀に乳がんになるリスクが高くなったりすることもあるようです。 メリットとしては、子宮外妊娠の発症率が低下したり、ニキビや多毛症が改善されてり 月経周期が規則正しくなるので旅行などの予定もたてやすくなります。 ただピルは毎日、決まった時間に服用しないといけないので 私は服用時間が少しづれると出血してしまっていたのでそこが少しめんどうに感じてしまっていました。